.

チラシ集客で非常識な反応率を叩き出している
チラシ集客専門家の久保田大貴です。

 

チラシの事について書く前にいろいろ知っておいて欲しい事がありますのでまずそちらから。

 
過去のインタビュー記事はこちらをクリック 1回目
 
過去のインタビュー記事はこちらをクリック 2回目
 
過去のインタビュー記事はこちらをクリック 3回目
 
 

今日は、患者さん一人あたりの平均LTV【顧客生涯価値】について書いていきます。
LTVとは?
患者さんがあなたの治療院で使う金額のことです。
生涯となると長いので、治療院では数ヶ月単位でやります。
久保田先生4
例として、1ヶ月あたりの
LTVを出すには
1ヶ月の売上÷カルテ枚数
200万円の売り上げがあり、その月のカルテ枚数が100枚だとLTVは2万円となります。
となると新規が20名くれば単純計算40万プラスになるというわけです。
離脱する数が平均して何人とわかっていれば月の売上がだいたい予想がついてきます。
離脱する人数が月平均10人だったとしましょう。
すると40万新規によって上がる要素があっても、離脱が10人だったら20万引かれて20万プラスになるわけです。
これを少なくとも1・3・6ヶ月の平均LTVを出すことで信用のできるデータが出てきます。
そして広告を出すにしても、LTVは非常に重要になってきます。
一人の新規患者が来院するのに掛かったお金。
月に掛かった広告費÷月の新患数=CPA【顧客獲得単価】
これが、先ほどのLTVより高いと広告を出せば出すほど赤字になります。
人は来てるのに不思議と利益が残らない。
出来る限り顧客獲得単価は抑えていきたいところですね。
基準として一人獲得するのに最低でも一万円を下回るように。
チラシ 等のオフライン、ネット広告等のオンライン。
全てを含めて一番コストパフォーマンスがいいところに広告費をかけましょう。
でも、いきなりどの媒体がコストパフォーマンスがいいかわかるはずがないので、
初めのうちはテストだと思ってたくさん、失敗してください。
失敗してもいいという前提条件があると行動にすぐ移せます。
失敗したくないと思って動こうとすると一歩がでず、逆に失敗の道を歩んでしまいやすいです。
時は金なり。
次回は3M。
これは知っているだけではいけません。
より深く、深ーく理解した先生が勝ちます。
次回、お楽しみに。

 
 
 
メイプル名古屋は鍼灸用品、柔整用品の販売だけではなく、
治療院経営についての相談もお受けしております。
 
メイプル名古屋 バナー5 ミライト
 
 
些細なことでもご相談お受けしますのでお気軽にお電話下さいませ 😛
 
 
治療院の経営支援も積極的に行っておりますので、
ご相談下さいませ。
 
多店舗展開している先生、一人で経営している先生、
そのノウハウを教えていただける先生のご紹介や
弊社の持っているノウハウなども提供させていただきます!
 
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
今後ともメイプル名古屋を宜しくお願い致します!