鍼灸院開業、治療院開業予定の先生必見です!! 🙂
前回の連載第1回では、コンテンツマーケティングの基礎的な考え方と、思考を整理するためのフレームワークであるDECAXを紹介しました。
 
 
まだ前回の記事を読んでいない方は、
鍼灸院web集客の新常識!コンテンツマーケティングとは?
をご覧ください!
 
 
今回からは、DECAXの5つの段階について、1つずつ解説していきたいと思います!
 
 
 

集客は、お客様にDiscovery(発見)してもらうことから

 
自社のwebサイトからの集客を考える戦略をwebマーケティングと言いますが、webマーケティングを成功させるには、まずみなさんの鍼灸院のwebサイトを見つけてもらう必要があります。
 
 
現代では、ほとんどの鍼灸院が自院のwebサイトを保有しており、中にはデザインに優れたwebサイトもたくさんあります。
ただし、いくらwebサイトのデザインにお金をかけても、そのサイトが見られなければ意味がありません。
 
 
まずは、Discovery(発見)してもらう方法を考えていきましょう!
 
 
 

代表的な施策

あなたの鍼灸院を全く知らないお客様に見つけてもらうためには、様々な施策が考えられます。
 
web上での施策に限定して、代表的な施策を紹介すると
 
 
・SEO対策(search engine optimization:検索エンジン最適化)
・SNS運用(social networking service)
 
などがあります。
 
これらは全くみなさんの鍼灸院を知らない人にも、鍼灸院を見つけてもらうことができます。
 
それぞれの2つについて、詳しくご紹介します。
 
 

SEO対策

みなさんが近くの鍼灸院に行きたいと考えた時に、google等で検索をかけるとしたら、どのように検索するでしょうか?
 
例えば、みなさんが名古屋に住んでいる場合、「鍼灸院 名古屋」のようなキーワードで検索するのではないでしょうか?
 
 
もう少しその時のことを想像してみましょう。
 
おそらくほとんどのみなさんは、1ページ目に表示される鍼灸院のホームページを一通り確認して、一番良さそうなところを選ぶのではないでしょうか?
 
 
逆に考えると、2ページ目以降に表示されている鍼灸院のホームページはほとんど見られていないということです。
 
 
このような事実から、自院のホームページの検索順位を上昇させ、1ページ目に表示されるようにする施策をSEO対策と言います。
 
 
具体的な方法として、問題解決型ブログを活用したSEO対策について、以前記事を書いていますので興味がある方はご覧ください。
問題解決型ブログを執筆する時に意識するポイントとは?〜SEOについて〜
 
 
 
SEO対策によって、検索順位を上げることができれば、あなたの鍼灸院を見つけてもらうことができます。
 
 
 
 

SNS運用

twitter、facebook、instagram、LINE@等のSNSを活用することで、みなさんの鍼灸院を発見してもらうことができます。
 
 
どのSNSを活用するかは、各治療院のターゲットによって変える必要があります。
 
 
30代以上の男性女性はfacebook、それよりも若い若年層はtwitter・instagram、女性は総じてinstagramの利用率が高い傾向にあります。
 
ちなみに、instagramはfacebookが運営しているサービスですので、連携が容易になります。
 
 
SNSは、自院アカウントのフォロワーだけでなく、フォロワーの友達にも情報を発信することができます
 
 
ただし、SNS投稿の際に意識していただきたいことは、お客様の役に立つ情報を発信することです。
 
 
よく見かける事例として、自院の中でのイベント(新年会等)の写真や感想をSNSで投稿するというものがあります。
 
 
もちろんこのような投稿は非常に重要です。
 
 
しかし、あなたの治療院を知らない人にとっては、イベントの情報は興味を持ちにくいものです。
 
 
そこで、「腰痛の原因と対処法」のような問題解決型のブログを少し織り交ぜることで、読者に興味を持ってもらいやすくなります。
 
 
詳しくはこちらの記事をご覧ください!
院長さん必見!鍼灸院のweb集客を成功させるためのブログコンテンツとは?
 
 
 

その他の方法

 
今回は、SEOとSNSという2つを紹介しましたが、web上での施策に限定しなければ、チラシのポスティング等の方法も考えられます。
 
目的は、お客様に「知ってもらうこと」ですので、それぞれの医院で効果的な方法をお試しください!
 
 
 
 

まとめ

 
今回は、DECAXの「D(発見)」の部分で代表的な施策を紹介しました。
 
 
次回は、「E(関係)」の段階における施策についてお話したいと思います!
 
 
お楽しみに!! 😛
 
 
最後までご覧頂き本当にありがとうございます!
 
先生の治療院にも応用してくださいね!
鍼灸院開業や治療院開業のヒントに少しでもなれば幸いです 😛
 
これからもメイプル名古屋をどうぞ宜しくお願い致します!
 
 
いつも本当にありがとうございます!^-^