皆さんこんにちは。
メイプル名古屋です!^-^
 
いつもご覧頂き本当にありがとうございます!
鍼灸院開業、鍼灸院経営される方の中で、「STPマーケティング」をご存知の方はいらっしゃいますか?
このSTPマーケティングは、鍼灸院開業、鍼灸院経営に限らず、大方の経営を行う上で重要なマーケティング法です。
 
 
しかし、このマーケティング法にも注意点があります。
その注意点を守らなければ、経営成功にはたどり着けないと言っても過言ではありません。
 
 
そこで今回は、STPマーケティングの注意点についてお話いたします。
 
 
 
【STPマーケティングとは何か?】
まず始めに、そもそもSTPマーケティングとは何かについて簡単にご説明いたします。
 
STPマーケティングとは、自社がどの層にどのような商品を売り込むべきなのかを「セグメンテーション(Segmentation)」「ターゲット選定(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」の段階に分けて考えていこうというマーケティング方法です。
 
では、どのような注意点があるのでしょうか。
 
 
【STPマーケティングの時の注意点】
○ポジショニングを見据えてセグメント化する
市場全体からセグメント化を行うセグメンテーション段階が最も慎重に行わなければならない段階だと言えるでしょう。
 
というのも、現在の市場はとても多様化されてきているので、可能な限り正確にセグメント化を行わないと、その次のターゲット選定やポジショニングが無駄になる可能性があるからです。
 
そのためには、セグメント化する段階でポジショニングを考えておく必要があります。
実際、セグメント化してターゲット選定をした後にポジショニングするという方法ではなく、その逆が好ましいのではないかという意見もあります。
逆にするまでは言い過ぎだとしても、セグメント化する段階である程度自社の強みを見据えておくことは重要だと言えます。
そうすることで、無駄なセグメント化を行う手間を省けます。
 
 
 
○ポジショニングを具体的にする
ポジショニングはSTPマーケティングの最後のステップです。
ここで、自社の優位性を確定させなければなりません。
この時に、できるだけ具体的な優位性を確立する必要があるのです。
 
 
ここでオススメの方法が「ポジショニングマップ」を作成することです。
ポジショニングマップとは、整骨院を例にすると、縦軸を技術面の高さ、横軸を親しみやすさと設定した時に、既存の企業はどの位置にいるかを視覚的に表したグラフです。
視覚化することで、自社はどの優位性を設定すべきなのかが具体的にわかります。
 
 
【さいごに】
今回は、STPマーケティングを行う上での注意点についてお話しいたしました。
これらの注意点を参考に、経営を成功に導いていただきたいと祈っております。
 
 
 
少しでも先生方の鍼灸院経営のヒントになれば嬉しいです。
 
最後までご覧頂きありがとうございます!
 
今後ともメイプル名古屋を宜しくお願い致します^^
 
 
鍼灸道具、治療道具のことなら
メイプル名古屋にお任せ下さいませ^-^
 
バナー5
 
メイプル名古屋は先生方の鍼灸院開業、鍼灸院経営に全力で応援させていただきます。 😛