皆さんこんにちは。
これから鍼灸・整骨院の経営を始めるという方はいらっしゃいませんか?
そのような方にオススメしたい自社分析方法があります。
 
 
それが「7S分析」です。
 
この7S分析を用いると、自社の強みや弱み、さらには今後の方針を明らかにできます。
今回は、7S分析を用いて経営を成功に導く方法をご紹介いたします。
 
 
 
【7S分析とは?】
7S分析とは、ハード面での3つのSとソフト面での4つのSをそれぞれ分析することです。
ハード面での3つのSとは「戦略(Strategy)」「組織構造(Structure)」「社内の仕組み(Systems)」という、比較的短期間で改革できる要素のことです。
 
 
一方ソフト面での4つのSとは「人材(Staff)」「能力(Skills)」「経営スタイル(Style)」「価値観(Shared Value)」という、企業の根幹をなす性質や人の価値観によって決まるものゆえに短期間では改革しにくい要素のことです。
 
 
 
 
【まずはソフトの4Sから改革する】
経営を始めるにあたって、まず改革していくべきなのはソフト面の4Sです。
というのも、先ほども言ったように、ソフト面はなかなか変えられないからです。
 
よって、早い段階から人材の教育、能力の向上、経営スタイルの確立、そして価値観を共有することを行うべきなのです。
ここからは、「鍼灸治療院」を具体例として、4Sのそれぞれの改革について見ていきましょう。
 
 
 
【人材の教育】
起業当時に会社にいた社員の育成には、当時の鍼灸治療院の価値観を共有しやすいという価値があります。
外部から人材を雇う前に、会社の価値観を熟知した社員を育てると良いでしょう。
 
 
 
【能力の向上】
この段階が他の治療院と差別化を図る際に最も重要になります。
東洋医学の基礎を本場の中国で学ぶということで、他にはない価値を生み出せるかもしれません。
 
 
 
【経営スタイルの確立】
お客様の体の悩み解決を最優先で考えるというような社風を確立することで、後から入社した社員にも徹底させられます。
 
 
 
【価値観の共有】
自社の方向性を共有しておきましょう。
例えば、あらゆる体の異変を自社が解決するというような信念を共有していないと、組織はバラバラになります。
 
 
 
【ハード面との融合】
ソフト面の改革が完了すると、組織構造やシステムを改善でき、最適な戦略を確立できるようになります。
あくまでも、ソフト面とハード面の融合が経営成功には不可欠だということを押さえていただきたいです。
人材、能力、スタイル、価値観を基盤とすると、効果的な戦略を打ち出せるのです。
 
 
 
【さいごに】
経営成功には、緻密な自社分析とそれに伴う改革が重要だということがわかります。
7S分析で、鍼灸・整骨院の経営を成功させませんか?
 
 
最後までご覧頂き本当にありがとうございます!
少しでも先生方の経営のヒントになれば嬉しく思います。
 
今後ともメイプル名古屋を宜しくお願い致します!
 
 
バナー5
 
このような商品も取り扱っております^-^
 
腰・肩のこりにマグレイン
 
 
%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3
 
 
 
%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3s