こんにちは!
鍼灸用品・治療用品販売のメイプル名古屋です! 😛
 
鍼灸院開業・鍼灸院経営をしているみなさん!
鍼灸院・整骨院が乱立する中、鍼灸院、治療院の経営は本当に大変になってきました。
しかし、上手くいっている院、上手くいっていない院があるのは何故でしょうか?
しっかりと、企業努力、経営努力をしている院がやはり伸びています。
マーケティングなど学ぶ事は、100%必要だと思いませんが、経営者であれば少しは頭の中に入れておいてもいいかも知れません。
これからもドンドンと発信していきますのでチェックしていてください!
 
会社のサービスの質は向上しているのに、外部環境の変化によって収益性が低下していることってありますよね。
 
そういった周辺環境の変化と向き合わない経営者の方も多くいますが、きちんと向き合っている会社はその変化に対する打ち手を事前に準備して対応していきます。
 
適切に対応するためには、会社に対する脅威を適切に分析しなければなりません。
 
その脅威の分析フレームワークがファイブフォース分析です。
今回はファイブフォース分析についてご紹介します!
 
 
 
1 ファイブフォース分析とは?
ファイブフォース分析はアメリカのハーバード大学教授であるポーターが提案したフレームワークです。
自社の収益性に対する脅威を5つに分類しています。
 
しっかりと考えてみてください!^-^
 
 
 
・既存の同業他社の脅威
事業を行っていくうえでは競合他社との生存競争が避けられません。
特に鍼灸・接骨院では競合他社が分かりやすいかと思います。
そうした他社の認知度や成長性、資金力といったところまで分析していきましょう。
 
 
 
・新規参入の脅威
鍼灸・接骨院の場合にも自社の地域に新規参入の接骨院がオープンして経営状況が悪くなるといったことはよくあります。
新規参入の会社に対する分析も欠かせません。技術を売りにしているのか、価格を売りにしているかによっても取るべき戦略は異なります。
 
 
 
・代替品の脅威
代替品とはサービスの種類は違うけど、既存の顧客を奪われてしまうかもしれないサービスのことです。
接骨院の場合では自宅でできるストレッチグッズなどが代替品に当たります。
そのようなサービスと自社サービスとの違いを明確にしていくことが必要となります。
 
 
 
・売り手の交渉力
会社を経営していくには様々な備品の購入が必要です。
こうした備品の供給業者の方に大きくパワーバランスが傾いてしまうと、会社にとって不利な価格を設定されることがあります。
 
 
 
・買い手の交渉力
お客様の交渉力が強い場合、簡単にお客様は自社から離れていってしまいます。
適切なパワーバランスが保たれているでしょうか。
パワーバランスを保つには3か月コースなどの販売を強化していく必要があります。
 
 
 
 
2 ファイブフォース分析のメリット
ファイブフォース分析をすることで、自社の市場内での強みと弱みについて認識することができます。
その分析にとって対策を講じることで将来の収益性を改善することができます。
ファイブフォース分析ができたらスタッフと共に課題について共有しましょう。
 
 
 
以上、ファイブフォース分析とそのメリットについてご紹介しました!
 
 
 
仕事の目的は「お客様を喜ばせること」ですよね。
ここをブラすことなく、鍼灸院経営、治療院経営をして行ってください。 😛
 
 
 
最後までご覧頂き本当にありがとうございます。
 
少しでも先生方の院の経営のヒントになれば幸いです。
 
 
今後ともメイプル名古屋をどうぞ宜しくお願い致します!^-^
 
 
バナー5
 
 
毎週木曜日、テレビ電話、対面で個別相談会を行っております。
 
どんなご相談でもかまいませんので、お気軽にご連絡ください!^^
お待ちしております!!