maple_bpard
 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
 
念願の鍼灸院開業。
 
期待と不安で胸がいっぱいですよね。 🙂
 
 
初めて自分のお店を持とうとしている方の中には、備品を揃える段階で「何から揃えたら良いのか分からない。」、「何か抜け落ちていないか。」と不安になってしまう方がいらっしゃるかもしれません。
そんな方はまず始めに、鍼灸の治療をするにあたって、必ず必要になってくるものを押さえておきましょう。
 
今回は、鍼灸院を開業するにあたって、絶対に必要なものを3つご紹介します。
この3つをしっかり準備することが、鍼灸院開業の第一歩となるのです。
さっそく見ていきましょう。
 
19_1
 
・鍼
鍼灸治療で絶対に必要なもの、一つ目は鍼です。
鍼は鍼灸治療の目玉ですから、絶対に忘れられませんよね。
 
しかし、一口に鍼と言っても様々な種類があります。
太さや素材によっても施術時に期待できる効果が異なるのです。
 
 
□鍼の太さ
日本では0.14ミリ、0.16ミリ、0.18ミリ、0.20ミリ、0.22ミリ、0.24ミリという5種類の太さの鍼が主に施術で使われています。
中国で使われている鍼と比較すると、どれも極細ですから痛みを感じにくいです。
痛みを感じにくい鍼は、患者様にとってうれしいポイントですから、好評をいただけるかもしれません。
 
しかしながら、患者様からの評判が良いからといって、症状の重い患者様への治療にも極細の鍼ばかりを使用してしまっては本末転倒ですよね。
症状に合った太さの鍼を使用しなければ、鍼治療では十分な効果をもたらせません。
 
効果はしっかり感じてもらえて、さらに極力痛みを感じさせない鍼。
そんな理想的な鍼選びがいつでもできるように、鍼の太さは最低でも5種類は揃えておきましょう。
 
 
□鍼の素材
鍼の素材として、よく使われるのはステンレス製の鍼です。
また、原材料が金、銀の鍼もあります。
 
ステンレス製の鍼は安価なので、使い捨てできる点がとても魅力的です。
さらに、折れにくくて錆びにくい素材なので管理も簡単。
衛生面や利益のことを考えると、ステンレス製の鍼を選ぶのは合理的と言えるでしょう。
 
 
一方、金や銀で作られている鍼は柔らかいので、患者様が痛みを感じにくいというメリットがあります。
ステンレス製の鍼と比較すると折れやすく、お値段も張りますが、こだわりを持っている方にはおすすめです。
 
太さや素材など、鍼の種類を一通りそろえておくと、開業後にお客様の症状に合わせて使い分けられでき、幅広い対応が可能となるでしょう。
 
手動式オメガハイロー
 
 
・施術ベッド
鍼を一通りそろえたら、次は施術ベッドを準備しましょう。
施術ベッドは鍼灸治療を行う際に、患者様が横になるベッドです。
この施術ベッドは、長年使用することになるので慎重に選ぶ必要があります。
 
 
□幅
幅が狭すぎるベッドでは、患者様にリラックスして施術を受けていただけません。
鍼灸治療へは、血行の促進や自律神経を整えることを目的にいらっしゃる方が多いですが、リラックスした状態で治療を受けると、この効果を感じやすくなるといわれております。
 
ベッドが理由で十分な効果を感じられなかった、ということがないようにしましょう。
どんな体型の患者様がいらしても、幅に十分ゆとりを持てるようなベッドが望ましいです。
55センチから65センチ程度のゆったりサイズがちょうど良いと考えられます。
 
 
□長さ
日本人の平均身長を考えると、ベッドの長さは180センチ程度にするのが無難です。
ただし、来院される患者様の層に偏りがある場合は、ベッドの長さをよく考えて選びましょう。
 
例えば、女性が多いなら180センチよりも少し短めのものを、スポーツをしている男性がよく来店されるなら180センチよりも長めのものを選ぶと良いでしょう。
幅や長さを考慮して、あなたの鍼灸院に一番適したベッドをチョイスしてくださいね。
 
 
 
・整体用ベッド
整体用のベッドも用意しましょう。
整体用のベッドは、鍼灸の施術とは少し異なった視点で選ぶ必要があります。
 
 
□幅
先生の負担を考えて、広すぎない幅を意識しましょう。
患者様からあまりにも離れていると、上から力をかけにくくなり、整体の施術がやりにくくなってしまいます。
また、院内の導線を考えた時にも、大きなベッドをたくさん置くのは好ましくありません。
 
 
□高さ
先生の身長に合わせて整体用ベッドを選びましょう。
ベッドの高さが高すぎると力をかけにくくなり、反対に低すぎると先生の体に負担がかかる体勢で施術しなければいけなくなります。
だいたい40センチから60センチの間で、ご自身に合った高さを選んでくださいね。
 
 
 
・まとめ
今回は、鍼灸院を開業するにあたって必要になるもの3つをご紹介しました。
鍼、施術ベッド、整体用ベッドの3つです。
 
また、せっかく自分のお店を開業するのなら、質にもこだわってみてはいかがでしょうか。
 
鍼、施術ベッド、整体用ベッドは施術の要となります。
良い道具を使うことは良い施術にもつながるのです。
 
何事もはじめが肝心です。
オープンの段階から質にこだわり、最高の施術を提供できる鍼灸院を作りませんか。
 
 
株式会社メイプル名古屋では、施術で必要となる鍼、施術ベッド、整体用ベッドなど高品質な商品を多数取り揃えております。 😛
鍼灸院の開業をお考えの方は、是非ご利用くださいませ。
 
 
バナー5
 
 

鍼灸用品、治療用品の事なら

メイプル名古屋にお任せ下さい!^^