鍼灸院を開業したいけど、テナントを借りるには費用がかかりすぎるな。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

テナントを借りて鍼灸院を開業するためには、だいたい300万円から1,000万円の費用が必要になります。
費用を用意できないために、夢の鍼灸院開業を諦めざるを得ないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、選択肢の一つとして、マンションの一室を借りて鍼灸院を開業するという方法を考えてみてはいかがでしょうか。
今回は、マンションでの鍼灸院開業についてご紹介します。

 

マンションで鍼灸院を開業するメリット

マンションで鍼灸院を開業する最大のメリットは、なんといっても家賃がとても安く抑えられるという点です。

テナントを借りるためには、テナント料として月に数十万円の出費を考えておかなければいけません。

一方で、マンションの一室を借りて鍼灸院を営業するなら、高くても月に10万円程度の家賃しかかからないのです。

費用をできるだけ安く抑えたい方にとっては、とても魅力的なのではないでしょうか。

さらに、マンションで鍼灸院を営業するメリットとしてもう一つ挙げられるのは、お客様一人ひとりに丁寧な施術を行えるという点です。

もちろん、テナントで開業しても丁寧な施術を行うことは可能です。

しかし、テナントは新規のお客様が多数いらっしゃるので、ベッドの台数が足りなくなるほど忙しくなり、結果的に行き届いたサービスができなくなってしまう危険性もあるのです。

その点、マンションで鍼灸院を営業していると、新規のお客様がいらっしゃる機会がそこまで多くないので、常連のお客様一人ひとりを大切にできます。

 

マンションで鍼灸院を開業するデメリット

まず、マンションで鍼灸院を営業する許可を取らなければいけません。

テナントは営業目的でつくられていますが、マンションは住居を目的としてつくられています。

そのため、マンションで鍼灸院を営業するときは、そのマンションに営業をする許可をもらわなければならないのです。

 

また、マンションで鍼灸院を営業していると基本的に住宅街であったり、人目に付かない場所になることも多く、集客に不利になります。

お店の存在をお客様に認知されにくいからです。

多くの鍼灸院はガラスに広告の文字を入れてあり、人目につきやすい場所に店舗があります。
そのため、「そういえば、あそこに鍼灸院があったなぁ。」という印象をいつでもお客様に与えられるのです。

マンションではそのような方法でお客様にインパクトを与えられません。

場合によっては、看板さえ出してはいけないというマンションもありますから、新しいお客様を獲得することが非常に難しいのです。

加えて、マンションの一室にお店を構えていると、閉鎖的な雰囲気があるので、初めて来店するお客様にとっては気軽に入店できる環境ではないと言えるでしょう。

こういった不利な条件を乗り越えるには、ホームページやSNS,チラシを活用するとよいでしょう。

 

マンションで鍼灸院を開業するために必要なものとは?

マンションで鍼灸院を開業するために必要となるものは、基本的にテナントを借りて鍼灸院を開業する場合と大きな違いはありません。

用途に合わせたベッドと、できるだけ多くの種類の鍼灸を用意しておきましょう。

用途に合わせたベッドとは、治療ベッドマッサージベッドです。

治療ベッドには、鍼灸の施術がしやすいように高さは少し高めで、なおかつ患者様がリラックスして施術を受けられるように幅が少し広いベッドを用意しましょう。

一方で、マッサージベッドには上から力をかけやすいように、少し低めのものを選んだほうが良いでしょう。

マッサージのしやすさを優先して、少し幅の狭いベッドを選んでもかまいません。

電動の昇降ベッドがあれば、このような問題は解消されます(^^)

 

電動ハイローベッド

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 電動ハイローベッドになります(^^)/

 

 

は、太さや素材の異なる様々な種類のものを用意しておきましょう。

症状が重い患者様には太さのある鍼で、痛みに弱いという患者様には極細の鍼で治療を施す必要があります。

どんな患者様がいらっしゃっても適切な対応ができるように、できるだけ多くの種類の鍼を揃えておくと良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

ディスポ鍼一覧はこちらです(^^)/

 

まとめ

今回はマンションでの鍼灸院開業をご紹介しました。

マンションでの開業には、新規のお客様がつきにくいというデメリットも考えられますが、一方で、常連のお客様を大切にできるという考え方もできます。

何より開業費用を安く抑えられるところがマンションで開業する一番のメリットです。

マンションで開業の敷居は低くなりますので、ここから経営に軌道をのせてテナント移るという方法もありますね。

テナントで開業するには費用が足りないという方にとって、マンションで開業するという方法は適しているのではないでしょうか。

また、「今勤務している鍼灸院から独立したい!」という先生に、マンションでの開業は特におすすめです。

はじめからある程度のお客様に通ってもらえると経営が安定しますし、今持っているお客様を大切にしていくことで、口コミで大人気の鍼灸院としてこれから成長していくことも十分可能となります。

ひとつだけ注意点があるとすれば、マンションでもテナントでもなんとなく開業してしまうと、厳しい現実が待っています。

しっかりとプランを立てて開業する事をお薦めします(^^)

その時は何でも相談に乗りますのでお気軽に連絡くださいませ

株式会社メイプル名古屋では、マンションで鍼灸院を開業するために必要なベッドや鍼灸用品、治療用品を多数取りそろえています。

鍼灸院の開業の際は是非ご利用くださいませ。

最後までご覧頂き本当にありがとうございます!
今後ともメイプル名古屋を宜しくお願い致します。

バナー5