円皮鍼はシールの上に鍼が付いていて、ツボを持続的に刺激し、鍼の施術後の効果を継続させるものです。

最近ではインターネットやドラッグストアでも購入することができるようになり、鍼灸師などの国家資格がなくても使えることから、個人で気軽に針治療ができると話題になっています。

個人で使用できるとはいえ、どこに貼ったらいいか、貼っておく時間など分からない点も多くあると思います。そこで今回は円皮鍼にどのような効果があるのか貼る場所や貼る時間、使用後の捨て方など詳しくご紹介していきます。

いま話題の円皮鍼とは?

円皮鍼とは、シールの上に0.3㎜~1.5㎜程の小さな鍼が付いているものです。持続的にツボに刺激を与えることで血行を良くし、自立神経のバランスを整えるなど、鍼と同じような効果が期待できます。

円皮鍼の3つの効果

鍼と同じようにツボを刺激する円皮鍼は、今からご紹介する3つの効果だけではなく、冷え性、体質の改善、眼精疲労、ダイエットと多岐に渡ります。

しかしながら個人差も大きく、必ずしもこれらの効果が得られるとは限りませんのでご注意ください。

円皮鍼の効果① 美容効果

円皮鍼をお顔に貼ることで、美容鍼と同じような効果を期待することができます。鍼がツボを刺激することで、様々な美容効果が生まれます。

・血行が良くなることで、顔色やクマの改善、むくみ・くすみの解消
・コラーゲン等が生成され、肌にハリが出る・毛穴が引き締しまる
・顔の硬くなった筋肉をゆるめることで、シワ、ほうれい線、たるみが改善する

円皮鍼の効果② 肩こり・腰痛改善

肩こりや腰痛に効くツボに貼ることで、血行が良くなり、こわばっていた筋肉がやわらかくなり、肩こりや腰痛を改善する効果があります。

また、自律神経のバランスを整える効果もあり、ストレスが原因の肩こりや腰痛にも効果があると言われています。

正し、内臓の病気が原因の腰痛に鍼灸は適しませんので、早急に医師の診断を受けてください。

円皮鍼の効果③ スポーツ障害の改善

同じスポーツを長期間続けることで体に負荷がかかり起こってしまうスポーツ障害にも、円皮鍼は効果があると言われています。

運動前のコンディショニングとして、つりそうな筋肉や、痛めたことのある部分に円皮鍼を貼ることにより、筋肉の緊張をほぐし、自律神経を整え、症状の悪化や筋痙攣を予防することが出来ると言われています。

円皮鍼は付けたまま運動をしても大丈夫なので、数多くのプロスポーツ選手が愛用しています。ただし、柔道やレスリングなど相手と接近して戦うスポーツや、水泳などの剥がれやすい環境で行うスポーツには適しませんのでご注意ください。

お悩み別 円皮鍼の効果的な貼り方!鍼の長さは何ミリを選べばいい?

ツボの場所は専門的な知識がなければ完全に把握することは難しいです。気になる症状や、押すと気持ちのいい箇所、またはその周辺に貼っても十分に効果が期待できます。

鍼の長さも、長さによって効果が変わることはありませんので、最初は短い鍼から試されることをオススメします。

お悩み① 美容効果 皮膚の薄い顔まわりには、0.3㎜の鍼がオススメ

・ほうれい線…顴髎(けんりょう)、もしくはほうれい線に沿って
・頬のたるみ・リフトアップ…頬車(きょうしゃ)
・クマ…攅竹(さんちく)魚腰(だいつい)承泣(しょうきゅう)
・シワ…シワの周囲
・ニキビ…吹き出物の周囲

お悩み② 肩こり改善には、肩周辺のツボに貼るのがオススメ

風池(ふうち)天柱(てんちゅう)大椎(だいつい)肩井(けんい)厥陰兪(けついんゆ)など、首や背中など肩周辺のツボに貼ることで血行を良くして肩こりを改善していきます。

ツボに関わらず、痛みを感じる箇所に貼っても効果的です。

お悩み③ 腰痛改善には、腰まわりと手の甲にあるツボがオススメ

腎兪(じんゆ)大腸兪(だいちょうゆ)腰陽関(こしようかん)など、腰周りのツボや、手の甲にある腰腿点(ようたいてん)に貼っても効果的です。

肩こり改善と同じく、痛みを感じる箇所に貼っても効果的です。

円皮鍼に副作用はあるの?いつまで貼るといい?使用上の注意点は?

円皮鍼に副作用はありませんのでご安心ください。次は、貼る時間や使用上の注意点などをご紹介します。

①顔に貼る場合は1時間以上、体に貼る場合は毎日貼りかえましょう

円皮鍼を顔に貼るなら、1時間以上3時間程度貼ると効果が期待できます。かぶれなどが出なければ、夜の就寝前に付けて、翌朝に取るような使い方もオススメです。

体に貼る場合は、数日間つけていても大丈夫ですが、汗をかきやすい時期などは毎日貼り替えた方が衛生的です。

②貼りっぱなしは要注意!貼っていること忘れてしまうことも

肩や腰に円皮鍼を貼り、そのまま貼っていることを忘れてしまい、傷口が化膿してしまったケースがありました。また、知らないうちに円皮鍼が剥がれていまい、落ちた円皮鍼を他の人が踏んでしまったり、小さなお子様が間違って口に入れてしまう恐れがありますので、ご使用の際は十分にお気を付けください。

③使用後は鍼先をシールで包んでから可燃ごみに捨てましょう

円皮鍼は一度限りの使用です。使用したものは、他人にも自分にも再使用できません。

捨てる際は鍼が刺さると危ないので、鍼先をシールで包んでから捨てましょう。

また、シールや鍼先が破損したり汚れているものは、使用するのをやめましょう。貼った場所が赤くなったり、かぶれたりしたら直ちに使用を中止し、医師または鍼師の先生にご相談ください。

メイプル名古屋オススメ! お得な円皮鍼

メイプル名古屋では非常に多くの種類の“円皮鍼”を揃えております。ここでは中でもオススメの2製品を紹介します。

【セイリン】パイオネックス

■パイオネックスはかぶれにくく、使いやすい

パイオネックスは0.3mmから1.5mmまで、鍼長の異なるタイプがあり、カラーコードで容易に識別できます。ムレたりかぶれたりすることがすくなく、しかもはがれにくく、快適に使用できます。

■パイオネックスは鍼先・テープが指に触れることなく貼ることができる

貼付する部位にシースを付けたまま鍼を置き、上から軽くおさえて刺入します。その後、シースを皮膚から直角に立てて、テープからはがします。1枚のテープに鍼を樹脂で固定しており、肌にぴったり密着します

購入はこちら

ファロス円皮鍼

■ファロス円皮鍼は通気性が高く、肌にやさしいサージカルテープを使用

肌に優しいサージカルテープはムレやかぶれを防ぎます。長い時間利用することができるので一枚の効果が高く、コストパフォーマンスの良い商品となっております。

■4種類の太さ、鍼長が4つのカラーで区分されている

ファロス円皮鍼は0.9×0.18(mm)がピンク、1.1×0.18(mm)がブルー、1.35×0.18(mm)がグリーン、1.6×0.2(mm)がオレンジといったカラーでサイズ分けされており見分けやすくなっています。

また、10箱以上まとめ買いすると1本あたり約0.6円と非常に安くなっております。

購入はこちら

まとめ

円皮鍼は誰でも気軽に使うことが出来ますが、貼る場所や使い方など分からないことが多くあると思います。

より効果的に円皮鍼を使うためには、鍼灸師の先生に症状を診てもらい、症状にあった治療をしながら、併用して円皮鍼を使われるといいと思います。

定期的に治療に通うことが難しい場合であっても、初めてご使用される際は、一度鍼灸師の先生への受診をオススメします。

まずはお近くの鍼灸師の先生にお気軽にご相談ください。