こんにちは、メイプル名古屋です(^^)/

いつもご覧いただき本当にありがとうございます。

 

「資格を取ったからやっと鍼灸院を開業するぞ」
と意気込んだものの、
「鍼灸院の開業の方法や必要なものが多すぎて分からない」
と思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、鍼灸院開業の方法の1つであるマンションでの開業についてお教えします。

 

 

 

マンションで開業って?

 

鍼灸院を開業する際に重要なのは立地です。
鍼灸院に来る方は、身体が痛くて楽になりたいと思っている方が多いです。
そのため、あまり立地が悪いと行くことに消極的になってしまうのです。
そのため、鍼灸院に積極的に来てもらうためには、オリジナリティも大切ですが、立地を重要視する必要があるのです。
「良い立地に開業するほどの予算がない」という方には、マンションでの開業をおすすめします。

 

開業準備

 

マンションで開業するためにもいくつか条件はあります。

具体的には、治療スペースと待合室が用意できる間取りであることや、一定の換気面積の確保や診察券、カルテなどの備品を用意しておくなど必要な条件が多くあります。
これらについて、難しいことや分からないことは、保健所に相談すると問題の部分などをアドバイスしてくれるのでぜひ相談してみてください。

 

メリット

 

次に、マンションで開業するメリットについてご紹介します。

①準備が簡単なことです。

 

どこかに店舗を構えてする場合は、物件探しから始まり内装の設計や施工の手配など準備することが多いです。
しかし、マンションで自宅と兼用しながらこじんまりしたいと考えている場合は治療スペース自体の面積も変わってくるので、準備は必然的に簡単になります。

 

②コストが抑えられることです。

 

準備が簡単と言うことは同時にコストも抑えられます。
自宅と兼用する場合だと、テナント料は必要なくなるので、コストを大幅に抑えられます。

 

鍼灸院開業に必要なものって?

 

次にマンションで鍼灸院を開業するにあたって必要な備品はたくさんあります。
ここでは、その中からおすすめのものをご紹介します。

 

 

鍼は鍼灸院を開業する際に最も欠かせないものですよね。
鍼は、長さや素材など多様にありますが、その中からおすすめのものをご紹介します。

 

アサヒステンレス鍼

 

 

 

↑↑↑アサヒステンレス鍼はこちらから(^^)/

一般的に使用されているものはステンレス製のものが多く、長さも14mm~32mmです。
しかし、アサヒステンレス鍼は長さが15mm~90mmまで用意しているため、用途に合わせて選択することができます。
ステンレス製の鍼が良い理由としては、耐久性が優れているという点があげられます。
使い捨ての鍼に比べて、刺しやすい折れにくいだけでなく、耐久性が優れていることでコストが抑えられるためステンレス製の鍼が一般的に使われているのです。

 

 

SARASAビューティーニードル

 

 

↑↑↑SARASAビューティーニードルはこちらから(^^)/

次におすすめするのは美容鍼として使用されるものです。
この特徴として先が丸いことが挙げられます。
美容外科で使用されていた鍼を鍼灸にも使えないかと研究され導入されました。
先が丸くなっていることで、皮膚の抵抗が少なく血管を傷つけないということから痛みが少ないのです。
これは、ステンレス製の鍼と比べると柔軟性弾力性に優れており、お客様の負担を軽減できます。
このように、鍼の長さや素材によって治療方法も変わってくるので、どのようなお客様を対象としていくのかに合わせて鍼を準備しておきましょう。

 

テーピング

 

次に、テーピングには2種類あります。
筋肉の負担を軽減させて痛む部分の筋肉の補助をする伸縮性のあるものと、筋肉と骨などを固定してしまうことで回復を促す非伸縮性のものがあります。
しかし、鍼灸院は伸縮性のものを使用する機会の方が多いです。
そのためここからは、伸縮性のテーピングのおすすめをご紹介します。

 

さらさキシオロジーテープ

 

 

 

↑↑↑さらさキネシオロジーテープはこちらから(^^)/

 

 

こちらのテーピングは、筋肉の収縮とほぼ同率の伸縮性を実現しました。
これにより、必要以上に筋肉が収縮されることを防ぎ、筋肉と皮膚との血液の流れが改善されます。
さらに、伸縮性だけでなく通気性撥水効果も期待できます。
通気性はアクリル糊の面積を最小限に抑えて、粘着部分をウェーブ状に交互に塗工することで肌に優しいつくりになっています。
さらに撥水効果もあるため、シャワーの際も気にする必要はありません。
このように、テーピングにもお客様の生活自体を考えた工夫が施されています。

 

治療ベッド

 

これも、鍼灸院を開業する際には欠かせないものです。
治療用ベッドはお客様が快適に治療を受けられるための機能性と、院内のスペースを考慮して選択する必要があります。

 

スタンダードオリコ

 

 

↑↑↑スタンダートオリコベッドはこちらから(^^)/

 

この商品はスペースを有効に使えるために折りたたみ式になっています。
さらにベッドの幅は40cm~70cm、長さは180cm~200cm、高さは35cm~70cmの中から治療法やご自身の治療のしやすさなどを考えてお選びすることができます。
また、素材はビニルレザーというものでできており、18色からお選びいただけます。抗菌や燃えにくい、環境に優しいといった特徴があります。

 

以上、マンションでの開業についてと開業で必要なものについてご紹介しました。
鍼灸院を開業する際は、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後ともメイプル名古屋を宜しくお願いいたします(^^)/