美容鍼は一般的な鍼治療と比べて、どれほど価格に差があるのかご存知ですか?

これから鍼灸師を目指す方であれば、開業時の価格設定は経営に大きな影響をもたらします。どれだけ鍼灸に関する技術や知識があっても、商売である以上適切な価格設定ができていなければ、経営が立ち行かなくなってしまうでしょう。

この記事では美容鍼の価格相場、価格設定の内訳を詳しく紹介します。ぜひ鍼灸院・鍼灸サロンを開業する際の参考にしてみてください。

美容鍼の概要

美容鍼 概要

美容鍼(びようしん)はもともと全身に行う鍼灸治療全般を意味し、美容鍼灸と呼ばれることもあります。しかし、一般的には顔へ鍼を打つ治療を指している場合が多いです。

鍼灸そのものが東洋医学に基づいた治療であり、短期間で美容効果を追求するのではなく、長期的に美容効果を持続させる考え方が特徴になります。

「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、体内の健康状態が明確に表れるだけでなく、自律神経機能の変化に対してとても敏感な組織なのです。また、世界保健機構 (WHO) でも鍼灸による美容的効果は広く認められています。

美容鍼サロンの価格の特徴

美容鍼サロンの価格の特徴

美容鍼の施術料は各サロンが自由に価格を設定できるようになっています。規定や制限がないためサロンによって金額に開きがありますが、都内だと顔のみの施術で1万円ほどとなっている所が多いようです。

一方で、一般的な鍼灸院の治療は5千円~8千円程度が相場となっているようです。美容鍼はこの相場の約1.5倍程の金額ですので、通常の鍼灸と比べると少し高めと言えますね。

美容鍼サロンの分類と価格の関係

美容鍼サロンの分類と価格の関係

美容鍼を行う鍼灸院やサロンは、その特徴や方針によって大きく3つに分類できます。それぞれの価格帯は以下の通りです。

①顔のみに鍼を打つ手軽な美容鍼サロン
②身体の施術をメインとし、その延長や別メニューで顔に鍼を打つ鍼灸院
③顔と身体の両方にアプローチし、心身の健康を両立させることで真の美しさを得られると考える美容鍼サロン

それぞれの施術の特徴と相場をひとつずつ解説していきます。

① 顔のみに鍼を打つ手軽な美容鍼サロン

顔のみに鍼を打つ手軽な美容鍼サロンは、リーズナブルかつ短時間で施術を行う所が多く見受けられます。こうした手軽さを売りとしているため、相場は5千円~8千円ほどです。

② 身体の施術をメインとし、その延長や別メニューで顔に鍼を打つ鍼灸院

こちらの鍼灸院は身体全体への施術や疾患への対処を中心に経営してきた所が多いです。長年のノウハウを持ち合わせつつも、昨今の流行に合わせて美容鍼を導入できている、要望に対して柔軟に対応できる鍼灸院ですね。

しかし、中心的に行うのはあくまで身体の治療であり「おまけ」で顔にも鍼を打つだけ、という場合もあります。

美容鍼にリラクゼーション、エステティック的要素を求める方にはマッチしないかもしれません。身体への施術とセットの場合は料金が上がりますが、顔だけなら2千円~4千円ほどという場合が多いようです。

③ 顔と身体の両方にアプローチする美容鍼サロン

こちらのサロンは顔だけでなく、全身も含めて治療を施すことで健康的な美しさを目指すサロンです。

心身ともにリラックスした状態での施術を重視しているため、BGMや空間の演出・香りなどにも配慮されている分、他のサロンや鍼灸院よりも値段が高めとなっています。相場としては1万円前後が多く見受けられます。

美容鍼の地域ごとの価格相場

美容鍼の地域ごとの価格相場

美容鍼の価格相場を調査し、比較してみました。

地域によって相場は変わってきますが、東京だと1回1万円ほどのサロンが多く見受けられます。大阪なら安い所では千円から、高ければ1万円ほどとなっているようです。

また、【美容鍼+地域名】のワードで検索した時の上位に表示される店舗の料金を並べてみました。初回限定の割引価格やお試しでの特別価格を設定しているサロンはその価格を掲載しています。

【美容鍼 東京】

A店:3,000円(時間記載無)
B店:16,200円(60分)
C店:11,600円(60~90分)
D店:9,800円(50分)
E店:13,000円(70分)

【美容鍼 大阪】

F店:11,000円(90分)
G店:11,000円(60分)
H店:8,900円(60分)
I店:3,000円(時間記載無)
J店:12,500円(時間記載無)
K店:4,860円(45分)

このように、店舗によって施術時間に違いがあります。

ちなみに上記以外の都道府県はほぼ大阪と相違ない料金設定となっていました(5千円~1万円ほど)。

安い美容鍼サロンの理由

安い美容鍼サロンの理由

一部のサロンでは初回、二回目の施術を大幅に値下げし、「満足いただけなければ全額返金保証します!」と宣伝している所もあります。ではなぜそこまでのサービスを提供しているのでしょうか?

そのワケは美容鍼のビジネスモデルに隠されています。

美容鍼は初回だけでも効果はありますが、長く効果を持続させるには継続して施術を受けることが理想的です。また、サロン側も美容鍼は長期的な施術がが効果的であるとお客様へ伝えており、継続して通ってもらえるようアピールしています。

つまり、美容鍼を中心的なメニューとして扱っていくなら、経営的な観点から見た時にどれだけ『リピーター』を確保できるかどうかが、サロン存続の鍵となるのです。初回だけで終わってしまえばあくまで『お試し』のお客様でしかなく、『お試し』のお客様ばかりであれば経営に苦しむことになります。

そのため、まずは初回、二回目の施術を大幅に値下げし、「通うメリットがある」とお客様に感じていただくことでリピーターとなってもらうのです。

大幅な割引や返金保証はもちろんお客様に喜んでいただくためではありますが、美容鍼サロンの経営的戦略でもあります。

上記のような段階を踏み、リピーターとなり得るお客様には次の戦略として回数券パックプランなどをおすすめし、より確実に再来店を促す施策へつなげていくのです。

安い価格で提供している理由にはこういった合理性が隠されています。このような工夫は経営戦略の一部ですので、鍼灸師として開業を目指すのであれば、ぜひ経営についても学んでいきましょう。

安いだけでなく高い価格設定も一つの手

初回を安くするアプローチはリピート客の獲得に使えますが、全体的に安くしてしまっては売り上げが思うように上がらず、消耗してしまいます。値下げ自体は効果もあって簡単なのですが、一度下げてしまった金額を値上げするとリピーターが離れていく可能性もあって危険です。

よって、高額メニューを1つ作ってしまうのも良いでしょう。例えば3種類ほどの価格のメニューを用意しておけば、低、中価格のメニューが多くの方に選ばれていても「質の高い施術を受けたい」高価格のメニューを選ばれるお客様もいらっしゃいます。

重要なのは来院されるお客様の要望に合わせて選択肢を複数用意しておくことです。低価格と高価格、どちらを選ぶお客様にも役立てれば低単価で消耗することも少なくなるでしょう。

特に美容鍼は顔の悩みを持つ人に特に役立つ技術です。そしてそんな悩みを持つ人は悩みが解消するのなら、多少料金が高くても喜んでそのメニューを選びます。

あなたが開業するサロンで解消できる悩みは何なのか、その点を重視してサービスを作りましょう。

美容鍼は保険で安くならない

美容鍼は保険で安くならない

残念ながら美容鍼に保険は適用されません。医療的な『治療』を目的としているような鍼灸整骨院などは健康保険を利用できることもあり、2千円ほどで施術を受けられるケースもあります。

美容的な側面は必要なく、早期に身体の不調の改善を目指す場合はそういった整骨院を選ぶなど、目的に合わせて使い分けても良いかもしれません。

また、医療費の控除を目的に領収書が欲しいというお客様もいらっしゃいます。残念ながら美容目的である美容鍼の料金は医療費に当たらないため、控除の対象とはならないのです。

ただし、前述したような治療目的の鍼灸施術であれば、控除の対象となる可能性はあります。最終的な判断は税務署に委ねることになるため、鍼灸院側から確定的なお答えは出すことができません。詳細は該当の機関へお問合せください。

まとめ

美容鍼の価格相場や価格設定の内訳を詳しく紹介させていただきました。美容鍼は一般的な鍼灸治療よりも価格は高めに設定されていたり、地域や鍼灸院の方針によっても価格に大きな開きがあることがご理解いただけたかと思います。

こうした内訳から『どこで』開業するのか、顔、身体、その両方など『何を』中心的なメニューとするのか、『どのような』方針の治療をしていくのかが価格にも大きな影響を与えていきます。

今後鍼灸院・鍼灸サロンを開業する際にはぜひ、上記の視点から価格設定を考えてみてください。