「自宅で鍼灸院を開業したい」

いつかは自分の鍼灸院を持ちたいと願っていた方にとっては、自宅開業に乗り出そうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに自宅開業のハードルが低さはメリットですが、同時に様々なデメリットもあり、その両方を知っておかなければ開業後に困ってしまうことが多いです。

また、開業のために必要な備品を取り揃えておく必要もあります。

そこで今回は、自宅開業のメリット・デメリットと、開業のために揃えておきたい備品についてご紹介します。

 

自宅開業のメリット

自宅開業のメリットは総じて、ローリスクな点だと言えるでしょう。

*初期費用・リスクが少ない

 

自宅で開業すると、初期費用を少なく抑えることができます。
例えば自宅ではなく自分の鍼灸院を用意したい場合、

・物件の賃貸または購入にかかる費用
・外装工事
・内装工事
・鍼、ベッドなどの備品の準備費用
・広告費用

などが必要になり、およそ200から300万円の費用がかかります。
それに対して自宅を鍼灸院にする場合は、

・鍼、ベッドなどの備品の準備費用
・必要な内装準備
・広告費用

だけで済み、合計しても数十万円程に抑えることができる場合が多いです。
このように費用を大きく抑えることができるのが自宅開業の強みです。
また、もし仮に経営が上手く行かなかったとしても、初期費用が少ないため損失も小さく済み、最低限のリスクで開業することができます。

*時間に拘束されにくい

 

自宅開業の場合は、時間に拘束されないという強みがあります。
まず通勤時間がかからないため、本来あったはずの移動時間を勉強時間などに回すことができます。
他にも、患者さんがいない時間は家事を行うこともできますので、無駄がありません。
常に患者でいっぱい、という状況でなければ仕事とプライベートを両立しやすい環境と言えるでしょう。

自宅開業のデメリット

自宅開業のメリットを見てきましたが、デメリットにも目を向けなければなりません。

*スペースを用意できるか

 

実は、広さに関する基準をクリアしなければ自宅で開業してはいけない、といった規則があります。
以下がその条件になります。

6.6平方メートル以上の専用の施術室(施術のためのスペース)を有すること。
3.3平方メートル以上の待合室を有すること。
・施術室と待合室の区画は、固定壁で上下左右完全に仕切られていること。
・施術室面積の1/7を外気開放できるもしくは同等の換気設備があること。

広さの規定を知らずに、規定を満たしていない部屋を準備していては、後で後悔することになりますので気をつけましょう。
もちろん、自分1人で経営を行う場合は最低限のスペースで良いかもしれませんが、いずれは鍼灸師の数も患者の数も増やし、経営を拡大したいとお考えの場合は、より広いスペースが必要になります。


*集客が大変

 

自宅開業で最も難しい点がこの集客になるといっても良いでしょう。
テナントを借りる場合だと、人通りの多い場所に店があるので、比較的、認知されやすいです。
患者様はまず、鍼灸院があることを知った上で初めて、行くか行かないかを決める段階に入りますが、自宅開業だと遠くからの見た目が普通の家と変わりません。
そのために周りの住宅に埋もれてしまい、存在を認知させること難しいです。

また、立地次第ではそれほど通行人も通らないこともあるでしょうし、その場合は集客がさらに困難になります。
これらの集客の問題をいかに解決するかが、自宅開業を成功させる鍵となります。

ホームページを作成したり、SNSチラシを使って宣伝していくのもおすすめです。

 

自宅開業する上で揃えておきたい備品

鍼灸院として構えるなら、必要な備品を揃えておきたいですよね。

鍼とベッドの2つがあれば最低限必要なものは揃いますが、今回は備品として用意したいものを3つご紹介します。


*ディスポ鍼

ディスポ鍼は英語のディスポーザブル(使い捨てできる)から来ており、その名の通り、1回きりで使い捨てる鍼のことです。
衛生的で患者さんも安心できるディスポ鍼は、多くの鍼灸院で使用されている鍼になります。

安価で用意でき、強度も十分にありますので、鍼灸院を開くなら必ず持っておきたい重要な鍼と言えます。

 

↑ディスポ鍼一覧ページはこちらから(^^)

 

 

*施術ベッド

 

治療を行うためには施術ベッドが不可欠です。

一般的な鍼灸ベッドの場合だと、170cm、180cm、190cmといったサイズからお選びいただくことが多いです。
ベッドのサイズを選ぶ際は、ターゲットとなる患者さんを考えなければなりません。

例えば、スポーツを行う方をターゲットに考えていらっしゃる場合は、大柄な方でもリラックスでして頂けるように大きめのベッド(190cm)を選ぶとよいでしょう。
一般的な患者様をターゲットにする場合は、180cmの長さがあれば十分だと言われています。
また、ベッドの高さも決める必要がありますが、患者様に合わせて高さを変えることができる施術ベッドを購入すれば、どのような患者様にも対応することができるのでおすすめです。

↑マッサージベッド詳細ページはこちらです(^^)

 

 

*テーピング

怪我の予防や、痛みがある部分の固定など何かと使用頻度の高いテーピングも揃えておきたい備品の1つです。
体の部位に合わせて幅や厚みの違うテーピングを使いますので、どのようなケースにも対応できるように一通りのテーピングの種類は揃えておくと良いでしょう。

 

↑テーピング一覧ページはこちらから(^^)

 

 

□まとめ

鍼灸院を自宅で開業する際に知っておきたいメリットデメリットや、開業の際に必要となる備品についてご紹介しました。

自宅開業をした場合、初期費用と時間の拘束が少ないことがメリットですが、スペースの確保と集客に関して気をつけなければなりません。

また、開業の際はお客さんに合わせた備品を揃えることが大事ですので、ディスポ鍼、高さを変えられる施術ベッド、幅や厚みの違うテーピングを揃えてみてはいかがでしょうか。

鍼灸院を開業する際に、揃えるべき備品をセットにした「開業セット」もご用意しています。

 

↑開業セットはこちらからです(^^)

当社は、鍼灸道具に関して日本最大級の品揃えを誇っておりますので、鍼灸院の開業をお考えの際はぜひご利用ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも、メイプル名古屋を宜しくお願い申し上げます(^^)