消毒用のエタノール類の一般市場への供給がほとんどストップしている中、酒造メーカーが「高濃度エタノール」の供給を始めるなど通常のエタノールに代わる製品が注目を浴びています。
その一つが「次亜塩素酸水」です。
次亜塩素酸水はエタノールとはまた少し違う作用でウイルスを消毒します。
新型コロナウイルスに対しても有用性が期待されることで今注目を浴びています。

新型コロナウイルスの不活化に有効!最新の研究結果が判明!

(2020/5/20更新)
次亜塩素酸水について、新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明したという最新の研究も出てきました。
帯広畜産大学の獣医学研究部門の小川晴子教授及びグローバルアグロメディシン研究センターの武田洋平特任助教らの研究グループが,新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果について研究したものです。
※この研究結果は現在学術雑誌に投稿中の内容です。

次亜塩素酸水は含有FAC濃度依存的にSARS-CoV-2を短時間で強力に不活化可能であることが示されました。
引用元:「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明」
https://www.obihiro.ac.jp/news/30218

効果が判明した一方で、取り扱い方については次のように注意をしています。

長期間開放状態で室温放置され塩素濃度が低下した次亜塩素水ではウイルス不活化活性が低下すること、また、タンパク質を豊富に含むウイルス液の不活化には十分量の次亜塩素酸水が必要であることも明らかとなりました。

より効果的な消毒作用を維持・発揮させるためには、(1)適切に保管し(密栓し冷暗所での保管を推奨)、かつ 作製後長期間経過したものの使用は避ける、(2)使用の際は十分な液量を用いる、(3)極度に汚れている場所や手指の消毒の際には、次亜塩素酸水を用いた複数回の拭き取りや洗浄を実施する、などの対策が望ましいと考えられます。

引用元:「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明」
https://www.obihiro.ac.jp/news/30218

この記事の後半では希釈せずに使える次亜塩素酸水「G-MIST(ジーミスト)」についてもご紹介しています。
以下、次亜塩素酸水について詳しい作用機序や次亜塩素酸ナトリウムとの違い、人体への影響の有無などについて詳しく解説していきます!

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水は、純度の高い塩と水の食塩水(塩化ナトリウム水溶液)を電気分解することで生成されます。
薬剤や薬品を使用しなくても生成が可能なために小さいお子さんからご年配の方まで幅広く安心して使えるという点が最大の特徴です。

実はインフルエンザウイルスやノロウイルスの感染拡大防止のために被災地の避難所など様々な場所で次亜塩素酸水は活用されていました。
新型コロナウイルスに対しても有効な可能性がある消毒方法として経済産業省は注目し、次亜塩素酸水の有効性評価検証をしています。

次亜塩素酸水の作用機序

次亜塩素酸水は、細胞膜やたんぱく質、核酸に多面的に作用して酸化的に損傷を与えます。
これによりウイルスは破壊され、「不活化(ふかつか)」するのです。
しかも、使い続けていても「耐性菌」の出現がこれまでなく、今後もないと理論的には言われているのです。

今、注目を集めている「次亜塩素酸水」について、
①人体への影響
②使用方法
③保管の注意点の 3つのポイントからご紹介します。

*耐性菌・・・細菌の抵抗力が高くなり、薬品が効かなくなることがあります。このように、薬への耐性を持った細菌のことを薬剤耐性菌といいます 。

人体への影響は?

先ほどもお伝えした通り、次亜塩素酸水は「塩化ナトリウム(食塩)と水を電気分解してできる水溶液」です。
薬品を使用していないため、お子さんやご年配の方でも安心してご利用いただけます。
また、アルコールアレルギーや敏感肌の方も使用しやすいため、アルコールで手荒れをしてしまう方にはオススメです。

yomogiよもぎ姫
そうなんだ!次亜塩素酸水は安全で消毒に使えるんだね!
あれ?名前が似ているものがあったような…
hariQはり灸さん
それは「次亜塩素酸ナトリウム」じゃないか?
次亜塩素酸水と違って有毒性があって取り扱いには注意が必要だよ!

まとめ
・次亜塩素酸水は食塩(塩化ナトリウム)と水を電気分解してできているから、人体に無害!
・お子さんからご年配の方、アルコールアレルギーの方、敏感肌の方にも使用できます!
・次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)は全く別物!後者は有毒性があるので扱いに注意!

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸水は人体への影響もなく使用しやすいのですが、同じ「次亜塩素酸」と名の付くもので混合しがちなのが「次亜塩素酸ナトリウム」です。この2つは同じ次亜塩素酸が含まれていますが性質が全く異なるため、扱い方を間違えないようにそれぞれの違いについてご説明します。

次亜塩素酸ナトリウムって?

次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)は淡黄緑色の液体で強アルカリ性、そして有毒性があります。
一般用の医薬品として馴染みが深いのは、「花王」のハイターがあげられます。
この新型コロナウイルス対策としてこのハイターを薄めて物の殺菌・消毒に使うといった内容を目にした方も多いのではないでしょうか。
この次亜塩素酸ナトリウムはウイルスに有効で、B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)などを不活化できる優れた消毒性を含んでいます。
次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸水は、ウイルスに対して構成するたんぱく質などを酸化することで損傷を与え、不活化をさせます。

強アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムと微酸性の次亜塩素酸水

名前が似ている次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)との違いですが、1つは水溶液の性質にあります。
次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性の劇薬です。
対して次亜塩素酸水は 酸性の液体です。
次亜塩素酸ナトリウムを水道水で希釈しても次亜塩素酸水とはなりません。

次亜塩素酸ナトリウムの取り扱いには十分に注意をしましょう。

水に戻る!?とっても繊細な次亜塩素酸水の特性

次亜塩素酸水にはある“特性”があります。
この特性があるために効果をうまく発揮できない場合があるのです。

次亜塩素酸水は「水に戻ろうとする」特徴があります。
時間経過とともに自然分解し、気付けばただの食塩水(塩化ナトリウム水溶液)に変化してしまう、ということがあります。
そのため、こういった次亜塩素酸水には使用期限が約半年ほどとされており、しかも開封後にはさらに早いスピードで水へと変化をしていきます。

これが一般に普及しにくい要因の一つと考えられます。

次亜塩素酸水の適切な保管方法

繊細な特性を持つ次亜塩素酸水は保管方法にも注意が必要です。
時間経過だけでなく、「有機物に触れる」ことや「高温・紫外線に当たる」ことでも分解が加速してしまうからです。

日の当たる場所や暑い部屋に保管しないようにしてください。
有機物を介することですぐに水に戻ってしまいますから、

  • 水道水で薄める
  • 布に漬けてから拭く

といった行為によって本来の力がうまく発揮できない場合があります。
水道水にはカルキなど水以外の物質も含まれておりますから、自然分解が加速します。
布など有機物に触れることでも自然分解が加速します。
そのため、エタノールのように綿花等に浸しておいておくということはできません。
というよりも意味がありません。

次亜塩素酸水の適切な使用方法

次亜塩素酸水の最も効果的な使用方法は対象に「直接散布する」ことです。
次亜塩素酸水は市場でも様々なメーカー・製品がありますが、こういった特性から見れば薄めずに直接使用できるものを選ぶことをオススメします。

yomogiよもぎ姫
次亜塩素酸水は日陰に保存して、薄めずに使うのがいいんだね!
hariQはり灸さん
水に戻ってしまうことや、紫外線に弱いこと、保管期間が短いこととか、扱い方が難しいからなかなか一般には広まりにくいんだ
yomogiよもぎ姫
もっと簡単に使える次亜塩素酸水ってないのかなぁ?
hariQはり灸さん
実は次亜塩素酸水を研究しつくした会社が作った、いい商品があるんだ!

亜塩素酸水の弱点を克服した製品:G-MIST


次亜塩素酸水の特性として「水に戻ろうとする」ために使う時にはすでに「水」になっていた、ということがあります。
そうした弱点を克服した次亜塩素酸水製品「G-MIST」についてご紹介します。

『G-MIST』は特別な製造方法(製法特許取得:第6230079号)で優れた安定性と長期保存性を持つ次亜塩素酸水です。
※現在、ボトルタイプの商品は取り扱いがございません。
※ご自身でご用意いただいたボトルタイプへの詰め替えての使用は可能です。

ウイルスの殺菌に作用する塩素(HClO)が99%!

除菌のために働く塩素の割合が高いほどウイルスの不活化に有効とされています。

一般的な次亜塩素酸水の水素イオン濃度は6.5phの「微酸性」です。(※7phが中性)
6.5phの次亜塩素酸水に含まれる次亜塩素酸(HClO)は約90%です。
次亜塩素酸ナトリウムであれば10phで「強アルカリ酸」ですが実際に消毒に作用する次亜塩素酸(HClO)の割合は24%とかなり低いです。

G-MISTの場合、水素イオン濃度を5~6phで生成しており、「弱酸性~微酸性」です。
さらに、次亜塩素酸(HClO)の割合は99%と一般的な次亜塩素酸水に比べてかなり高いことがわかります。

G-MISTは除菌のために働く塩素の割合が高いため、より短い時間でウイルスを不活化できる次亜塩素酸水です。

薄める必要なし!

G-MISTは希釈なしでそのまま使えます。
水で希釈する必要がないため、どなたでも最大限の効力を保ったままご使用できます。

効力を保ったまま、長期保存が可能!

G-MIST(ジーミスト)は未開封で2年の長期保存が可能な次亜塩素酸水です。

一般的な次亜塩素酸水は製法上、次亜塩素酸水以外の不純物がたくさん出来てしまいます。
不純物が多いと、次亜塩素酸水はその不純物に反応してしまい濃度が落ちて長期保存に向きません。
ジーミストは、”有効成分はそのままに”次亜塩素酸ナトリウムのナトリウムだけを取り除くことに成功(製法特許取得)。
一つの材料から濾過するようにつくるため、化学反応が少なく不純物が極端に少ない高純度な次亜塩素酸水になります。
※有効塩素濃度が規定未満の場合には殺菌効果が不十分。100ppm以上の濃度が良い。

今までの次亜塩素酸水製品と違う理由

一般的な次亜塩素酸水が高濃度で販売しているのは、
製造した瞬間から不純物に反応してしまい、どんどん濃度が落ちてしまうためです。
使用期限までに有効成分を残すために高濃度で販売しているのが現状です。
G-MISTはその弱点を改善し、濃度100pmの状態で希釈せずそのまま使用することができ、さらに長期保存が可能な優れものです。

次亜塩素酸水G-MISTのオススメの使い方

・スプレーボトルに入れて

スプレーボトルに移し替えることで持ち運び可能な除菌スプレーとしてお使いいただけます。

  • 手指消毒に
  • ベッド・治療器具の除菌に
  • 除菌したい部位に直接散布して使えます!

この時、「希釈せず(薄めず)」にご利用ください。
水道水等を混ぜてしまいますと、本来の機能を期待できない場合がございます。
また、紫外線に弱いため保管の際には日の当たらない場所へ置くことをお勧めします。

加湿器・アロマディフューザーに入れて使う(希釈せず)

加湿器やアロマディフューザーの水を入れる部分にこの「G-MIST」を直接入れていただくことで、
部屋全体の除菌・消臭が行えます。

【注意点】
※使用済みの加湿器やアロマディフューザーは一度トレイを洗ってからお使いください。
不純物が入っている状態ですと次亜塩素酸水がうまく機能しない場合がございます。
※狭く通気性の低い部屋(トイレなど)で長時間ご使用されますと高湿度で水滴が溜まる場合がございます。
※薄めずにそのまま入れ替えてお使いください。
※ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムをアロマディフューザーや加湿器に入れないでください。

特許取得製法のG-MISTはメイプル名古屋で

メイプル名古屋ではこのG-MIST(ジーミスト)の「業務用(20L入)」をお取り扱いしております。
鍼灸院・接骨院・治療院で消毒用としてお使いいただけます。

【次亜塩素酸水】G-MIST(ジーミスト)【除菌】20L

販売価格:15,000円(税別)
画像クリックで商品ページへ移動します。

※サイズは20Lのみです。スプレーボトル入りはございません。
必要な方は清潔なスプレーボトルをご用意ください。