新しく開業されて医療機器の購入をお考えの皆さん、リースという方法をご存知でしょうか?
リースとは、医療機器を必要としている院に代わって、リース会社が機器を購入し、長期でその貸し出しを行う方法です。
貸し出し期間が長いという点で、レンタルと異なります。
今回は、そんなリースのメリットについてお話しします。
 
 
・機器管理の合理化
リースを行うことの最大のメリットは、機器管理の合理化だと言えます。
購入の場合だと、修理費用などは自分で払って行わなければならないのですが、リースでは、月々の料金にそれらの費用も含まれているため、別途費用を払う必要はありません。
修理やメンテナンスといったことは、リース会社が管理してくれるのです。
 
また、大型機器の場合には固定資産税の申告も行わなければなりませんが、これもリース会社が担当してくれます。
こういったように、リースでは医療機器の管理をリース会社が担当してくれるため、使用者が手を煩わせることはないのです。
リースは月々その使用料を支払っていくため、まとまった使用料は必要ありません。
 
手元にまとまったお金がないという方にとっては、これも大きなメリットになってくるかもしれませんね。
 
 
メイプル名古屋は鍼灸用品、柔整用品の販売だけではなく、
治療院経営についての相談もお受けしております。
 
些細なことでもご相談お受けしますのでお気軽にお電話下さいませ 😛
 
取引実績15,000院以上のメイプル名古屋だからわかるノウハウを提供!
 
繁盛している治療院とそうで無い治療院のの違い
近日メイプル名古屋のお客様に限定公開します。
お楽しみに!
 
最後までご覧頂きありがとうございました!! :-)