「鍼灸院を開業するつもりでいるが、肩こりの治療はどうしたら良いのだろう?」
「鍼灸院で実際に行われている肩こりの治療について知りたいな。」
このように、鍼灸院を開業する際にお悩みの方も多いのではないでしょうか。
最近では、肩こりに関する治療ができるところが増えてきました。
開業となると治療内容を決めることも重要な項目の1つのため、どんな治療にしたら良いのかあらかじめ知っておきたいですよね。
鍼灸院と間違われやすい整骨院や整形外科と、治療内容を比較してみましょう。
そこで今回、開業する前に鍼灸院で行う肩こりの治療についてご紹介します。

 

□鍼灸院開業時に知りたい!肩こりの治療とは

肩こり
*鍼灸治療の重要性

鍼灸治療の重要性をあらかじめ患者様に伝えることは非常に重要です。
そのため、鍼灸治療の重要性について改めて確認しておきましょう。
今や国民病としても知られている肩こりですが、ただちに命に直結するものではありません。
しかし、肩こりを放っておいて悪化してしまった場合、日常生活に支障が出ます。
健康寿命を損なう原因にもなりうるため、治療は重要といえるでしょう。
また、鍼灸と間違いやすい整形外科とでも重要性が変わります。
整形外科は骨や筋肉、いわゆる運動器と呼ばれる部位の治療は整形外科が専門です。
一方の鍼灸治療は、症状を和らげるとされているため、症状を緩和したい方へおすすめです。
このように、肩こりの治療に入る前に、鍼灸治療の重要性をしっかりと患者様に伝えましょう。

 

*鍼灸治療の内容について

鍼灸院で肩こりの治療をする場合、頸と肩の付け根はもちろん、肩甲骨の周りの筋肉を中心に治療をします。
また、自律神経の乱れを軽減するため、頚から背中にかけての背骨沿いやおへそ周りのつぼから治療します。
自律神経の束も、背骨やおへそ周りに集まっているので、肩こりをより効果的に解消できるでしょう。
また肩まわりには脾経・胃経・胆経・膀胱経等多くの経絡があります。
こりの部分だけにこだわらず、それぞれの経絡に関わる手・足のつぼを使って、全身的に治療します。
実際に行われている治療としては、電気治療、マッサージ、鍼、温灸治療などを施術していることが多いようです。
肩こりの治療メニューを考える際のポイントとしてあげられるのは、「痛い、熱い、怖い、高い」などといった不安を解消するために、「痛くない、熱くない、怖くない、安い」ものを設定しましょう。
特に肩こりは、忙しい方へ向けて短時間メニューを提案しているところも多いようです。

 

*鍼灸で肩こりを解消するのか

肩こりの原因には、毎日の生活習慣が大きく影響しています。
そのため、鍼灸治療だけで、完全に解消することは難しいでしょう。
ストレスや運動不足からくる肩こりを解消する方法や、日常の姿勢を正す方法など、肩こりになりにくくするポイントを患者様に伝えてあげましょう。
また、食べ過ぎや睡眠不足は肩のつぼの流れに大きな影響を与えます。
そのため、鍼灸治療だけではなく患者様本人の普段からの工夫も必要になるのです。
しかし、生活習慣を工夫した上で鍼灸を続けていると、肩こりになりにくい身体、肩こりになったとしても軽くてすむ身体になれるでしょう。

 

*鍼灸院の来院頻度について

肩こりの原因や症状は人それぞれ違います。
そのため、それに応じた治療が一人ひとり異なるでしょう。
また、治療効果も個人差があります。
特に肩こりは、様々な要因があるため、短期間で症状を改善することが難しいでしょう。
繰り返し治療を行うことで、少しずつ症状が改善され、治療効果が実感できます。
だいたい週1回の頻度で通ってもらうように患者様にお伝えしている鍼灸院が多いようです。
理由としては、間があきすぎてしまうと効果が感じられない可能性があるからでしょう。
また、症状が改善された後も、1か月に1回から2回くらいのペースで定期的に治療を受けることをおすすめしている鍼灸院が多いようです。

 

*鍼灸治療で使うもの

開業前には、鍼灸治療で使うものの準備は欠かせません。
特に鍼や灸は、皮膚や筋肉などの組織に微小の傷をつけて細胞を活性化させるといった鍼灸治療の核になる段階で大変重要なものです。
現在では、鍼灸の鍼は以前に比べて大きく進化しています。
太さだけでなく、先端の形も痛みを感じないような工夫がなされています。
そのため、鍼灸院で使用するお灸や鍼をじっくり選んでください。

 

□費用から見る!鍼灸院で行う肩こりの治療とは

鍼灸院の融資

開業時には、費用についても考えなければなりません。
鍼灸院以外にも肩こりの治療が受けられるところを中心に費用平均を以下紹介します。

 

*鍼灸院の平均的な肩こり治療費用とは

鍼治療ははり師という国家資格を持った専門家が治療を行います。
鍼灸は、肩こりの他にも、目の疲れ、内臓の疲れなど、全身の症状に効果があると言われています。
鍼灸の費用は、治療院によって様々なので一概に言えないでしょう。
実際には、初診料がかかるところ、時間によって料金がかかるところがあります。
相場としては10分あたり1000円が一般的と言えるでしょう。
このうち、治療を受ける原因が神経痛、慢性の腰痛、ぎっくり腰、五十肩、などであれば、健康保険が適用されます。
適用する条件としては、鍼灸院に行く前に医師の治療を受けなければなりません。
その際に、鍼灸を受けることの同意書をもらっておかなければならないので、患者様にもお伝えしましょう。
また、保険診療を適用すると、同じ肩こりの治療のために医療機関にかかれないため注意しましょう。

 

*整形外科の平均的な肩こり治療費用とは

整形外科の大きな特徴は、医学的な診断と治療をする点です。
治療するのは医師が中心で、レントゲンやMRIなどの画像診断ができます。
肩こりの原因は、痛みのある場所だけに限りません。
病気や骨折が原因になって痛みが出ていることもあります。
整形外科で行う治療は、電気や注射、牽引療法などが中心で湿布や痛みを和らげる薬などの処方をします。
痛みを完全にとるというより、一時的に痛みを軽減するのに効果がある対症療法です。
また、整形外科での診療と治療費には、健康保険が適用されることが多いでしょう。
治療費は初診では3割負担で500円から1000円程度、再診では200円から500円程度になります。

 

*整骨院の平均的な肩こり治療費用とは

整骨院では、柔道整復師という国家資格を持った専門家が治療をします。
しかし、肩こりは基本的に健康保険が適用されません。
そのため、全額が自己負担になるため注意が必要です。
また、肩こりへの治療は湿布、低周波や超音波などの電気治療、温熱療法、塗り薬などによる処置、テーピングが中心です。
軽いマッサージをしてくれるところもあり、触診はしますが、具体的な病名の診断は基本的にしないでしょう。

 

□まとめ

今回、開業時に知っておきたい鍼灸院で行う肩こりの治療についてご紹介しました。
開業時はやることがたくさんあるため不安になる方も多いでしょう。
整形外科などの他の治療方法と理解した上で、内容と費用についてしっかり決めて、開業に備えることをおすすめします。
当社では、鍼灸用品を中心に扱っているため、開業を目指す先生のサポートやご相談ををお受けしてます。
商品の提供だけでなく、一緒に事業やプランを考えるスタイルを採用しているため、初めての方にもご安心していただけます。
鍼灸院の独立、開業をスタートさせましょう。
開業や運営に不安を抱えている方は、お気軽に当社へお問い合わせください。

鍼灸用品専門店ならメイプル名古屋
https://www.maiple-nagoya.com/