美容鍼とは皮膚に鍼を刺し、肌のハリや衰えを、組織や細胞に働きかけることでバランスを整える美容法です。

・美容鍼に興味はあるけど痛いのは不安
・興味はあるけど治療院に通う時間が取れない

そんな悩みを抱えている場合には、美容鍼の中でも自宅で手軽に肌ケアが行える「ローラー鍼」がおすすめです。この記事ではローラー鍼に期待できる効果およびセルフケアを習慣化するコツに関する情報を紹介します。

ローラー鍼の仕組み

ローラー鍼 仕組み

ローラー鍼とは、柄のついたローラに鍼がついているもので、皮膚の上で軽くコロコロと転がして使います。

鍼の先端は、一般的な鍼とは異なり、丸みを帯びていることが特徴で「刺さない鍼」とも呼ばれます。

当てる強さは、力加減によって調節が可能で、肌の上を転がし刺激を与えることで様々な効果が期待できます。ちなみにローラー鍼は医療機器ではないので、誰でも購入することが可能です。

ローラー鍼に期待できる効果

ローラー鍼 効果

コロコロ転がすだけで簡単に使用できるローラー鍼ですが、様々な効果が期待できます。

おそらく、紹介するローラー鍼に期待できる効果は、多くの方が悩まれていることにも対応するはずです。
また、副作用も少なく安全に使用できるので、始めての方でも取り組みやすい美容法でしょう。

それでは、ローラー鍼に期待できる3つの効果を紹介します。

効果① むくみを改善する

肌のむくみには血行やリンパ循環が関係しています。特にリンパ管には、リンパ節という老廃物が貯まりやすい箇所があり、刺激を加えて流れやすくする必要があります。

ローラー鍼を皮膚の上で転がす事で、鍼の刺激が加わり、皮膚表層の微細な血管やリンパ菅が刺激・拡張されます。

すると、血液やリンパ液が流れやすくなり、蓄積された老廃物が体外へ排出され、むくみの改善を期待することができるのです。

ただし、ひどいむくみの場合には心臓や腎臓の病気と関係している可能性があるので、必ず医師に確認した上で行うようにしましょう。

効果② 筋肉を柔らかくする

ローラー鍼を押し当てることで筋肉を刺激し柔らかくすることができます。

筋肉の凝りには、血流が不足することも影響しているため、血流が改善すると筋肉が柔らかくなるはずです。

効果③ しわやたるみを改善

ローラー鍼は、お肌を引き締める効果も期待できます。

フェイスラインや二重あごなど凝り固まった、あるいは垂れ下がった表情筋に刺激を加えリフトアップを促します。すると、肌が引き締められるため、しわやたるみの改善にも効果が期待できるでしょう。

もし、より効果を高めたい場合は、やわらげた表情筋を動かす表情筋トレーニングなどを取り入れることもおすすめの美容対策のひとつです。

ローラー鍼の使い方

ローラー鍼 使い方

ローラー鍼の使用方法は、気になる部分にあてて「コロコロ」転がすだけです。当てて転がす時には、心地よい強さで転がすとよいでしょう。

というのも、過度に強く押し当ててしまうと、痛みを伴い筋肉の緊張が高まってしまう場合もあるため、先程紹介した期待できる効果が得にくくなってしまうからです。

実際の使用例を紹介していきます。

頭皮のケアで育毛促進ができる

ローラー鍼は育毛や頭皮ケアにも効果が期待できます。

というのも、髪の毛の成長や発育には適度な栄養分が必要で、血行が悪いことには話になりません。
そこで、ローラー鍼を頭皮に当ててコロコロと転がし適度な刺激を加えることで、血行改善をしていきます。

そのため育毛や頭皮ケアを始めたい場合にも、ローラー鍼は有効なのです。

肩こりをほぐす

肩こりは持続的な筋肉の緊張や血行が阻害されることが原因です。

ローラー鍼を肩こりの部分に当てて転がすことで、筋肉をやわらげたり、血流を改善したりする効果が期待できます。

特に筋肉のこりをほぐしたい場合には、押圧が伝わりやすいよう、当てる部位に対して持ち手が垂直になるよう意識して転がすとよいでしょう。

一方、痛みが強過ぎる場合には筋肉の緊張が高まってしまうので、持ち手を寝かせるなど力加減を調整することも必要です。

こんな方にローラー鍼がおすすめ

ローラー鍼 おすすめ

ローラー鍼なら顔の肌から頭皮、肩こりなど広範囲に使用することができます。さらに、都合の良い時にケアが行えるため、時間の制約もありません。

肌のケアやたるみを解消したいけど、鍼治療に抵抗を持つ方や鍼治療に通う時間がない方にもおすすめな美容鍼と言えるでしょう。

自宅にあれば、様々な効果が期待できるローラー鍼ですが、他にもどのような方におすすめなのでしょうか。

手軽にケアを始めたい方

美容対策を始めるにあたり以下のように悩む方も少なくありません。

・何からしたらよいか分からない
・とにかく手軽に始めたい

このような場合には、ケアのとっかかりとしてローラー鍼がおすすめです。

例えば、テレビを観ながらといった「ながら美容」が行える点も、気軽に始めたい方には嬉しいでしょう
ローラー鍼はセルフケアのファーストステップとしてもおすすめの美容法なのです。

ほうれい線に悩む方

ほうれい線は、皮膚のたるみや乾燥、紫外線、表情筋の衰えが原因になります。

ローラー鍼には、皮膚のたるみの改善効果や表情筋の動きを滑らかにする効果が期待できるため、ほうれい線に悩む方におすすめな美容鍼です。

目元のしわが気になる方

パソコンやスマートフォンなど、電子機器を使うことが増えたため、以前より目の疲労が気になる方も多いでしょう。実は目元のしわの原因は「眼球疲労」と関係があります。

眼球疲労は眼球だけでなく目の周りの血行不良を引き起こし、肌の代謝を低下させるからです。

そこで、ローラー鍼を目の周りで優しく転がすことで、血行不良が解消され、目元のしわを改善することが期待できます。

フェイスラインのたるみを解消したい方

ローラー鍼をフェイスラインに沿って使用すると、リフトアップやたるみの解消効果が期待できます。

フェイスラインはローラー鍼も当てやすく、「ながら美容」でも表情筋が刺激されやすいでしょう。

セルフケアを習慣化するコツ

習慣化 コツ

セルフケアにおいて大事なことは「継続すること」です。
もし、習慣化や継続して取り組むことが得意であれば、よりローラー鍼の効果も実感できるはずです。

とはいっても多くの方が「続けることの難しさ」を感じるでしょう。

そこで、ローラー鍼でのセルフケアを継続できるように「習慣化のコツ」についても紹介していきます。

短い時間から始める

習慣化を難しくする原因として「一度で大きな変化を求めてしまうこと」が挙げられます。元からそのような気持ちで取り組むと、効果が実感できない場合には続けることが難しくなってしまいます。

長く続けるためにも、最初から完璧を目指すのではなく、短い時間から毎日続けることを心掛けてみてください

今の習慣を見直す

「治療院に通う時間がない」、もしくは「セルフケアを続ける時間を作れない」など時間が不足することも習慣化を妨げる原因になり得ます。

そのような場合には、現在の生活スケジュールや習慣を見直しましょう。

SNSやICTグッズを活用する

習慣化には周囲に宣言をすることで、継続しなければならない状況をつくることも有効です。

特にSNSでは同じような悩みを抱えている方や応援してくれる方などがおり、使い方によっては大きな力になるでしょう。

また、スマホやパソコンでTo Doリストを作成し管理することも習慣を記録するには便利です。

ローラー鍼の効果を引き出すためのまとめ

・ローラー鍼は「鍼を刺すのが不安な方」や「多忙で手軽にセルフケア」したい方におすすめ
・セルフケアは「継続すること」が大事
・継続するために自分に合った「習慣化のコツ」を意識する必要がある

ローラー鍼は「血行の改善・リンパの循環を促進」、「表情筋や肩こりなど筋肉を柔らかくする」効果が期待できます。

そのため、美容鍼に興味がある多くの方が悩んでいることにも対応できるはずです。使い方も簡単で「コロコロ転がすだけ」なので誰でも手軽に始めることが可能です。

しかし、すぐに効果を実感することは難しいので、習慣化するコツを取り入れ継続することを意識しましょう。

美容鍼に興味があるのであれば、ローラー鍼についても検討してみてください。

ローラー鍼の購入はこちら!