「鍼灸院を開業しようと考えている。」
「患者様に説明できるように、吸い玉の効果を再度確認しておきたい。」
このように、鍼灸院を開業するにあたって、吸い玉の施術について確認しておきたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
吸い玉は、カッピングとも呼ばれ、海外でも人気がある施術の1つでしょう。
そこで今回、鍼灸院を開業する前に確認しておきたい吸い玉の効果についてご紹介します。

□鍼灸院を開業する前に確認しておきたい吸い玉の効果

*吸い玉とは

吸い玉とは、複数のガラス製のカップを患者様の身体において、血の循環を改善させることによって、身体の不調を取り除いていく、施術法の1つです。
カップの内部を熱してから身体に密着させるので、皮膚がカップの内部に向かって吸い寄せられていく感覚がするでしょう。
また、皮膚に針を刺し、少し出血させてからカップを置く方法や、皮膚にオイルを塗って、その上にカップを置く方法も吸い玉の1つに含まれます。

*吸い玉の効果

血液の循環や筋肉へ働きかけていく吸い玉は、主に血管や筋肉に関する不調に効果があると言われています。
しかし、症状の種類や身体の状態によっては、吸い玉の効果があまり期待できない、または逆効果となってしまう場合もあるため、注意しなければなりません。
具体的にどんな症状に効果が期待できるか、以下見ていきましょう。

・肩こり
・むくみ解消
・太りにくい体質へ変化
・美肌
・便秘の改善
・冷え性の改善
・ストレス解消
・不眠症の改善

吸い玉は、肩こりのような、筋肉のこりに効果があるとされています。
理由としては、筋肉のこりは血液の滞りが関係していることが多いためでしょう。
血行を促進する効果が期待できるため、冷え性や、美容、太りにくい体質へ変化することが期待されています。
また、場所によっても効果が期待できるでしょう。
例えば、お腹周辺に吸い玉の施術をすることで、腸内活性化を促したり、老廃物の分解によって美容に効果があったり、様々な効果があると言われています。
その他にも、自律神経を整える効果も期待されているため、ストレス解消として施術してもいいですね。

*なぜ効果があるのか

吸い玉がなぜ効果があるのかは、カップの吸引によってかかる刺激がもみほぐしやマッサージ、鍼などのように、筋肉や身体に適度な刺激を与えるからです。
また他の治療法とは少し違っている点も効果がある理由の1つです。
他の多くの治療法が身体の外側から内側に向かって刺激を与えます。
しかし、吸い玉は身体の表面から外に向かって皮膚や筋肉を吸い上げていく点が特徴です。
その特徴から、身体の深い所まで強力な効果が得られるとされています。
一般的に、筋肉層が厚いトップアスリートは、通常のマッサージでは刺激が浸透しにくいとされていますが、深い所まで届く吸い玉は、スポーツマンから大変好まれています。

*吸い玉の跡の色について

吸い玉の跡の色は、場所と色合いによって身体の調子がわかるでしょう。
色は患者様にも判断しやすいため、色と身体の調子の関係を説明してあげてもいいですね。
以下のように、色と身体の調子を簡単に説明してみるとわかりやすいかもしれません。

・薄いピンク色
薄いピンクは、血液の流れが好調という証です。
・紫色
場所に相当する内臓の機能が低下している可能性があります。
身体があまり良くないでしょう。
・黒っぽい紫
黒っぽい紫は、身体がとても疲れている証です。
・無反応(色が変わらない)
色が変わらなかった場合、健康そうに思われるかもしれません。
しかし、脂肪が厚い可能性があり、注意が必要でしょう。

例えば、肩に吸い玉の施術を行ってみるとします。
施術後、紫色の反応が出てくる場合、デスクワークや普段の私生活で肩こりに悩まされていることがわかります。
施術後に患者様と一緒に、色を見て、説明してあげると、患者様がご自身の体調を気にするきっかけになりますね。

 

□吸い玉の施術内容

*一般的な流れ

一般的な吸い玉の施術は、ガラス玉の中を火で燃やすか、電動式や手動式のポンプを使ってカップ内の気圧を下げ、真空にする所から始まりますよね。
初めての方は特に、吸い玉が怖いと少なからず感じている方もいらっしゃいます。
そのため、説明は時間をかけて丁寧に行うことをおすすめします。

*効果をより高めるには

1回の施術では、直後のすっきり感はあっても長期的には続かないことがあります。
そのため、施術後の過ごし方を患者様に提案してあげることがおすすめでしょう。
まず、吸い玉による施術後は、患者様にできるだけ安静にして過ごすように促しましょう。
帰宅後には、お風呂で身体を温めて、早く寝る、水分を十分に摂ることも重要です。

 

□注意点

*注意点1:施術後の跡について

施術後は、カップの跡がつきますよね。
どんなに説明していても、不安になる方も多いようです。
そのため、施術後のカップの跡が「時間が経つと消えること」と「どれくらいの時間で消えるのか」について患者様にお伝えすることをおすすめします。
時間については、一般的に個人差はありますが3日から10日くらいで消えるとされています。
しっかり伝えてあげることで、患者様に安心して施術を受けてもらえるような工夫をしてあげましょう。

*注意点2:食事について

吸い玉による施術の直前には、食事を控えるようにしてもらいましょう。
当日何も口にしていない場合、施術後に低血糖によるめまいを引き起こす場合もあります。
そのため、直前以外はしっかりと食事を摂るようにしてください。

*注意点3:飲酒について

飲酒をされている方は、施術によって気分が悪くなってしまったり、体調を崩してしまったりする可能性があります。
特に吸い玉は、深い所まで刺激を促すため、時にマッサージ以上の刺激になるケースもあるでしょう。
そのため、強度な貧血がある方、重篤な心臓疾患のある方、外傷性の傷・腫れがある方、妊娠中の方は控えるようにしてもらいましょう。

*注意点4:腫れや傷について

カップを熱して皮膚に密着させていく吸い玉は、患部に腫れや傷がある場合、症状を悪化させてしまう可能性があります。
そのため、そういった場合には施術を行うことをおすすめできません。
また、敏感肌の患者様は施術後に異常が出やすいといったケースもあります。
特に、肌がかぶれやすいといった、肌が弱い方は施術を受けることで、皮膚の色が変わってしまい、血行の状態を判断できなくなってしまうこともあるかもしれません。
そのため、施術による効果が期待できないこともあります。
注意が必要でしょう。

□まとめ

今回、鍼灸院を開業する前に確認しておきたい吸い玉の効果についてご紹介しました。
吸い玉には、肩こりの他に、美容にも効果が期待できるとされています。
施術後の跡の色によっても、身体の調子が判断できるでしょう。
最近ポピュラーになってきましたが、効果をわかりやすく説明してあげることが重要ですね。
また、施術後の注意についても丁寧に説明してあげることで、施術に関する不安を取り除くことにつながります。

吸い玉をお買い求めの方は下記のボタンから商品一覧ページへ飛べます。

当社では、鍼灸院向けに様々な医療用品を取り扱っています。
5000点以上の取扱商品を、どこよりも早い短納期でお届けします。
見積もりも即日対応させていただいておりますので、鍼灸医療用品に関するお問い合わせやご注文、ご相談は、電話やFAX、メールからお気軽にご連絡ください。

最後までご覧頂きありがとうございました!
今後ともメイプル名古屋をよろしくお願い致します!

鍼灸用品専門店ならメイプル名古屋

↑クリックでトップページへ