募金について

令和2年7月豪雨災害による被災地支援

令和2年7月、熊本県を中心とする豪雨による大規模な浸水被害が起きました。

メイプル名古屋では浸水被害を受けた熊本県人吉市の方への支援のために募金を行いました。

4.3メートルの浸水被害、熊本県人吉市(ひとよしし)

熊本県人吉市(ひとよしし)は、熊本県の最南部の市です。
九州山地に囲まれた人吉盆地に位置し、市内を流れる球磨川(くまがわ)は熊本県内最大の一級河川であり、最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つでもあります。

日本を代表する美しい景色として「日本二十五勝」にも選定されたこの球磨川ですが、
今回の豪雨により氾濫し、市街地は大規模な浸水被害を受けています。

熊本県人吉市(ひとよしし)では、この豪雨被害で市街地の浸水の高さは4.3メートルにも及び、18人が死亡し「過去最大級の浸水被害」だと言われています。

人吉市に今必要なものを届けたい

避難指示が出ている人吉市の知人に「今必要なことはなにか、できることはないか」と聞いたところ、このような答えが返ってきました。

「今、特に欲しい物はTシャツなどの衣服です。お風呂に入ることもできずそれだけでもあればありがたい。」

人吉市で被害を受けている方へTシャツ類を送るためこの募金を立ち上げました。
その結果、多くの方にSNSでの拡散、募金、衣類の寄付でご支援をいただきました。

募金のご報告

令和2年7月豪雨災害で被災された熊本県人吉市の方々への支援を目的に、
7月13日(月)から7月17日(金)まで、弊社ホームページ上で募金ページを設置し治療家の皆様より義援金を募りました。

その結果、総額 82,000円の募金が集まりましたので、ご報告いたします。

募金活動にご賛同、ご協力いただきました皆様に心より感謝を申し上げます。

お預かりさせていただいた義援金で、人吉市で避難生活をされている方々に下記の提供をいたしました。

・Tシャツ ×250枚
・その他(マスク、下着)
・寄付いただいた衣類

ご協力いただいた方々(順不同)

募金・衣類等をご提供いただいた先生方

関口 賢 様(Harriet Ginza
西尾 竜一 様(はりきゅう整体 ハリメ治療院
金澤 未由貴 様(京都医健専門学校 学生)
藤田 葉月 様(鍼灸屋月日
斉藤 美波 様(鍼灸学生)
鈴木 聡史 様
瀬尾 知英子 様
杉本 哲也 様(すぎもと接骨院/はりきゅう院
米倉 まな 様(まな鍼灸堂
矢頭 拓郎 様(たくろう鍼灸院
林 剛史 様(はやし鍼灸治療院
安達 悠介 様(国際東洋医療学院)
前田 真也 様(カリスタ株式会社
田中 恵佑 様(たなかしんきゅう院)
谷口 涼介 様(りょう鍼灸整骨院

ご協力いただきましてありがとうございました!

その他募金に関する情報

弊社でこの度行った募金は人吉市への衣類提供という形で行いました。
もちろん、段階によって必要な物資・必要な支援は異なってまいります。
今回の豪雨被害被災地へのご支援・募金は下記団体でも行っております。

・日本赤十字社
令和2年7月豪雨災害義援金(日本赤十字社)
・Yahoo!基金
令和2年7月大雨災害への緊急災害支援募金(Yahoo!基金)